矛盾の営み


風の偶然に翻弄され、風景は矛盾で凝結していきます。

破綻を忠実に織るということ。それは人が地を裂き、

何かを屹立させる試行の礎石になる、と考えています。